保育士の給料は低いのか

バナー

保育士の給料は低いのか

保育士は、仕事の大変さの割には給料が低いと言われています。

公立の保育園であれば地方公務員になるので安定した待遇で働けます。



私立で働く場合もだいたい同じくらいの給料ですが、一般的な初任給は16~17万円で手取りにすると13~14万円が平均となっています。

保育士の求人に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

なかには初任給が10万円程度という保育園もあり、これだけで生活を送るのはかなり難しいと言えます。
仕事は子供の命を預かるということで、非常に責任が重いです。


しかし、その割には全国的に見ても給料が少なめになっている傾向があります。

なかには基本給20万円のところもありますが、それは本当に一部の保育園の話です。


ただ、働くによっては昇給も可能です。

私立の場合は昇給は難しいですが、公立であれば勤続年数によって徐々に給料アップも期待できます。

保育士の仕事はお金に換算してしまうと辛いものですが、お金にはかえられない尊さがあります。
将来日本を背負う子供達を育てるのに貢献するということで、大きなやりがいを感じられます。

保育士の試験に関するお役立ちコンテンツ満載です。

保育士に向いているのは、単に子供好きの人というだけではいけません。時には子供に厳しく接してしつけをすることも仕事ですから、甘やかして可愛がるだけと思っていると理想と現実のギャップにためらってしまいます。


保育は責任の重い仕事です。


それを理解した上で、子供の心身を親と一緒に育てていきたいというやる気のある人であれば、保育士に向いているといえるでしょう。

Copyright (C) 2016 保育士の給料は低いのか All Rights Reserved.